アンティークコインを購入する目的は、主に2つあります。投資、あるいは美術品の収集としてです。欧米では美術品としてアンティークコインが認められている面も強いのですが、日本での現状はどちらかといえば投資目的が多いでしょう。アンティークコインは、お金で持っているより価値が高くなる可能性があるといわれているほど。預貯金よりも投資価値が高いのであれば、積極的に購入したいところです。

なぜ、アンティークコインに預貯金よりも価値が高いといわれているのかといえば、アンティークコインは年々価値が上昇する可能性があるためです。今はそれほど価値がないアンティークコインでも、年数を経るだけで値上がりすることがあります。これに対して、お金の価値は年々確実に上がるという保証がありません。つまり、お金を貯めておくよりもアンティークコインで持っていたほうが、価値が上がってお得ということなのです。

特に希少性の高いアンティークコインは、驚くほどの値がつけられることがあります。投資目的であれば、手に入れたコインの価値が上昇するということは、売るときの利益につながってよいでしょう。もちろん、美術品としての価値も、見逃してはなりません。